ブログ一覧


不要になった炭の処分方法

不要になった炭の処分方法

 

キャンプの際などに、火おこしのに使う炭。

炭の処分方法を間違えると大変危険になります。

 

この記事では、不要になった炭の処分方法、使用済みと未使用によっても処分方法が異なりますので、ご紹介いたします。

 

 

 

家庭での正しい炭の処分方法

 

使用済みの炭は燃えるゴミとして処分するのが一般的になります。

しかし、自治体によって異なるため、確認しておきましょう。

 

できるだけ、再利用しましょう。

 

 

 

燃えるゴミとして処分

 

炭は、多くの自治体で燃えるゴミとして回収しています。

バーベキュー1回分程度の炭ならば、ゴミ袋に入れて一般ゴミとして出して処分することができます。

 

大量の炭の場合、回収されない場合もあります。

放置されてしまうと火事になる危険がありますので、大量の炭を捨てる場合は、あらかじめ自治体に確認しておくのがマナーになります。

 

炭の出し方

 

炭をゴミに出すときは、必ず完全に鎮火を確認してからにしましょう。

 

バーベキューをした後に、すぐにビニール袋にいれるのは危険です。

消火した後でも、まだ熱を持っているため、しばらく放置してから、ゴミに出すようにしましょう。

 

また、発火するリスクをなくすために、濡らした新聞紙に包んでおくと、さらに安全でしょう。

 

アウトドアの際に使った炭の処分方法

 

バーベキューやキャンプでは、炭は必須のアイテムです。

慣れている人であれば、計画的に消化し正しく処分できますが、年に1回程度しか行わない人は、片付けの際に炭の処分に戸惑ってしまいがちです。

 

車での帰宅途中に発火でもしたら、大変なことになってしまいます。

 

 

バーベキュー場の炭捨て場に捨てる

 

バーベキュー場やキャンプ場には、炭捨て場が設置されています。

管理人がいる場合もあります。

 

炭捨て場に捨てるだけなので、簡単に処分することができます。

受付時に、炭捨て場を確認しておきましょう。

 

自宅に持ち帰って処分する

よくバーベキューやキャンプをする人であれば、自宅に持ち帰って処分または再利用すると思います。

 

この場合は、必ず帰りの車の中で発火しないように、計画的に消化し炭が冷めてから運搬しましょう。

 

アウトドアで消火に際によくやりがちなのが、水をかけて火を消すことです。

しかし、水をかけて消火する方法は大変危険です。

 

何故かというと、大量の水を炭にかけると、温度の高い水蒸気が発生し火傷などの危険があります。

また、炭が飛び散るので洋服も汚れてしまいます。

 

正しい消火方法

 

炭は、見た目は火が消えたように見えても、なかに火種が起こっている場合があります。

処分する際に突然発火する可能性もあるので、徹底して消火する必要があります。

 

 

 

水に浸ける

 

バケツなどに水を溜めて、炭を1本ずつ浸していきます。

この方法は、入れたらしばらく放置しておくだけなので、簡単です。

 

しかし、水に浸すので再利用はできなくなってしまうのが、デメリットです。

 

火消し壺

 

火消し壺とは、炭を入れて消火させる専用の壺になります。

この方法は、炭を濡らすことなく消化できるため、炭を再利用することができます。

 

注意点として、炭を入れた際に壺は高温になるため持ち運ぶ際は、注意しましょう。

 

金属缶で密閉

 

火消し壺がない場合は、金属製の缶を代用することができます。

 

炭を金属缶に密閉することで、酸素を遮断し消火します。

火消し壺同様に缶が高温になるため、火傷などに注意しましょう。

 

絶対にやってはいけない炭の処分方法

 

意外とやってしまいがちの処分方法は、危険な方法だったりしますので、これから行わないように絶対にやってはいけない炭の処分方法をご紹介いたします。

 

 

 

土や砂に埋める

 

土や砂に埋める行為は、不法投棄になります。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律」によって禁じられています。

 

炭は炭素の塊なので、土に埋めても自然分解されずに残ってしまいます。

また、完全に消化されていない炭を埋めた場合、熱を持った炭を知らない人が踏んでしまったら火傷する可能性もありますので、絶対にやめましょう。

 

水をかける

 

使用済みの炭は強い熱を発しているため、バケツなどで直接水をかけると灰や水蒸気が舞い上がります。

自分や家族、友人にかかれば火傷する可能性があります。

 

表面に水をかけただけだと内部に熱が残るため、完全に消化することは難しくなります。

 

また、コンロや七輪にヒビが入ったり、内部にススがこびりついたりと、良いことがありません。

 

まとめ

 

ここまで、不要になった炭の処分方法、消化方法や絶対にやってはいけない処分方法をご紹介いたしました。

 

炭は発火の可能性があるものになるので、一般ゴミに出す際は取り扱いには十分に注意する必要があります。

また、アウトドアに慣れていない人は1度使用すると処分してしまいがちですが、火消し壺や金属缶などを利用すれば家でもバーベキューを楽しくことができますし、ゴミの減量にもなります。

 

当社ユーティリティーサービスでは、不要になった炭(使用できる物)の回収も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

炭以外にもまとめて処分したい不用品などの御相談承っております。

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 ユーティリティーサービス. All rights Reserved.