ブログ一覧


ゴミ屋敷に片付けにかかる費用は?

ゴミ屋敷の片付けにかかる費用は?

 

早く対処しないと大変危険なゴミ屋敷ですが、1人で片付けるとなると途方に暮れてしまうような膨大なゴミで溢れかえった部屋を、ゴミ屋敷片付け業者に依頼した場合、どのくらいの費用がかかるか不安にあると思います。

 

また、ゴミ屋敷片付け業者は数多く存在しておりますので、業者を選ぶ際に比較材料として費用相場が気になると思います。

この記事では、ゴミ屋敷片付け業者でもある弊社ユーティリティーサービスが、ゴミ屋敷の片付けにかかる費用をご紹介いたします。

 

 

 

ゴミ屋敷片付けの料金相場

 

自力では片付けられないほどのゴミ屋敷は、ゴミ屋敷片付け業者に依頼する方法があります。

しかし、ゴミ屋敷といっても人それぞれ感覚が違いますので、床に不要品が溜まってきた程度から、部屋の天井までゴミが積み重なってドアが開けられない状態まであります。

 

そのため、ゴミの量によって片付けにかかる費用は大きく変わります。

 

 

 

【間取り別】片付けにかかる費用の目安

 

ゴミ屋敷の片付けの費用目安を、間取り別にご紹介いたします。

 

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 25,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2LDK 119,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK 220,000円~要見積もり 4~10名 6~15時間

 

※上記の費用目安は、作業費を含む人件費・車輛費・回収費・処分費を合わせた概算費用になります。

ゴミの量によっても大きく変わりますので、目安以上になることも多々あります。

処分費に関しては、弊社は合法的に一般廃棄物収集運搬許可業者を手配し、廃棄物処理を行っていますので、ご安心ください。

 

トラックのサイズによる片付けの費用目安

 

ゴミ屋敷の状態でしばらく生活されていた場合、ゴミが踏み固められているため、見た目が腰高ぐらいのゴミの量であっても、まとめていくと倍以上のゴミの量になります。

 

その場合、ワンルームであっても2tトラック1台で収まらない量になる場合もあります。

ゴミの量が多くなるということは、作業日数または作業人数が増えるということになりますので、さらに人件費も加算されてくるので、20万~30万円とかかるワンルームのゴミ屋敷片付けの作業事例もあります。

 

軽トラック 1台あたり30,000~40,000円
2tトラック 1台あたり50,000~90,000円

 

DSC_0209

 

ゴミ屋敷の片付けにかかる費用の内訳

 

ゴミ屋敷を専門業者に依頼した場合の料金内訳をご紹介いたします。

 

 

 

人件費

 

作業員の人件費は、現場で行う部屋の片付け作業としては主に、収集・梱包・搬出作業のことを指します。

作業員の1人あたりの人件費は、1万~2万円程度になります。

 

車輛費

 

こちらは、部屋から回収した不要品を積むトラックにかかる費用になります。

 

車輛費には、トラックの車両本体だけでなくガソリン代、高速道路料金なども含まれているため近隣の業者に頼むと安くなる場合もありますが、数万円と変わるものではないので、業者を選ぶ判断材料にするほどのものではありません。

 

また、現場近くに駐車できない場合は、コインパーキングなどの有料駐車場に停める必要があるので、その際は1,000~3,000円程度加算されます。

 

処分費

 

リサイクル・リユースできるもの以外の、「燃えるゴミ」や「燃えないゴミ」「粗大ゴミ」などを処分する際にかかる費用のことです。

ゴミの搬出は、「一般廃棄物収集運搬許可業者」を持っていないと行うことができません。

持っていない業者が、ゴミをトラックに積み込み運搬することは違法になります。

 

ゴミ屋敷片付け業者や遺品整理業者の多くが「一般廃棄物収集運搬許可」を持っていません。

市区町村が足りていないと判断しない限り許可を取得することができないため、多くの業者が提携先の「一般廃棄物収集運搬許可業者」を手配し、ゴミの処分を委託します。

 

車輛1台あたり15,000~22,000円、1㎏あたり25~35円程度となります。

 

古物商許可」は買取・回収が行えますが、ゴミは運搬できません。

産業廃棄物収集運搬許可」も工事で出た産業廃棄物は運搬出来ても、家庭から出る一般廃棄物は運搬出来ないので、説明もなくゴミまで回収する業者には注意しましょう。

数社と見積もりを取り、許可業者や正当に運搬業者を手配する業者より、無許可の業者の方が見積金額が安く違法と分かっていて依頼した場合、犯罪に加担している状態になりますので気をつけましょう。

 

 

 

オプション作業

 

ゴミ屋敷片付けとは別途作業で、ゴミがなくなった後の「ハウスクリーニング」や「消臭作業」、孤独死等による「特殊清掃」などといった要望を依頼した場合、費用が加算されます。

 

まとめ

 

ここまで、ゴミ屋敷の片付けにかかる費用についてご紹介してきましたが、参考になりましたか?

 

ゴミ屋敷片付け業者は、全国に数百社あるといわれており、そのすべてが優良業者ではないのが現実です。

違法業者に依頼してしまうと、山林に不法投棄されてしまい、その責任を依頼者に問われるといった被害が多発しています。

 

費用に関しても、内訳や詳細が不明な見積もりを提示されたり、作業後に高額請求されたりといったトラブルも起きています。

 

弊社は、「古物商許可」のみ取得しており買取または回収、収集・梱包・搬出を弊社で行い、ゴミは「一般廃棄物収集運搬許可業者」を手配して常務を行っておりますので、ご安心ください。

地域によっては排出者にご同乗してもらうことで、自治体に持ち込むことができるところもありますので、その分費用が安くなりますので、地域ごとに最適な提案をさせていただいております。

 

また別の記事で、ゴミ屋敷片付けの費用を抑えるコツや業者の選び方なども、ご紹介いたしますので、その際は参考にしてみてください。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 ユーティリティーサービス. All rights Reserved.