ブログ一覧


キッチン用品の処分方法ってどうするの?

キッチン用品の処分方法ってどうするの?

 

キッチン用品のフライパンや土鍋、包丁など様々な種類があり、素材も金属製の物やプラスチック製、手元だけ木製などと混合されていて、処分する際に「何ゴミになるのか?」迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。

誤った方法で処分すると、きちんと回収されない場合があります。

また、包丁やハサミなどのケガの危険があるキッチン用品の捨て方も気をつけなければなりません。

この記事では、不要になったキッチン用品の処分方法について解説いたします。

 

キッチン用品の素材

 

まずは、素材を確認して、仕分ける必要があります。

 

金属製品 フライパン、鍋、釜、ボウル、ざる、玉じゃくし、トングなど

ガラス製品

鍋、鍋のふた、計量カップ、ミキサーの一部など
陶器製品 鍋、土鍋、茶わん、すり鉢など
プラスチック製品 ボウル、計量カップ、ざる、玉じゃくし
木・竹製品 ざる、セイロ、すりこぎ、まな板
家電調理器具 オーブントースター、電子レンジ、炊飯器、カセットコンロ、ミキサー、ホットプレート、ケトル

 

同じキッチン用品でも素材が違うものが数多くありますので、参考にしてみてください。

 

種類別の処分方法

 

上記を参考に仕分けができたら、次は種類ごとの処分方法です。

素材によって処分の仕方が違うのは勿論ですが、大きさによっても処分の仕方が変わるものもあります。

 

鍋やフライパンなどの金属製品

 

キッチン用品で多く出るのは、金属製品です。

鍋やフライパン、やかん等は、すべて金属で使用されているので、一般的には「不燃ごみ」になります。

 

しかし、業務用などの大人数向けの大きい物は、処分の仕方が異なる場合があります。

自治体によって異なりますが、30㎝以内であれば「不燃ごみ」として、一般の収集場所に出すことができますが、30㎝以上の物は「粗大ごみ」扱いになってしまう場合があります。

 

サイズの基準は自治体によって異なりますので、地域のルールを確認して処分しましょう。

 

 

ボウルやざる等のプラスチック製品

 

ボウル・ざるなどのプラスチック製品の処分は、「可燃ごみ」に該当します。

しかし、自治体によって異なりますが、30㎝以上の大人数用のキッチン用品がある場合は、「粗大ごみ」扱いになります。

 

鍋ふたや茶わん等のガラス製品・陶器製品

 

鍋ふたや茶わん等の、ガラスや陶器を使ったキッチン用品は、そのまま出すと割れやすく、回収業者の人がケガをする危険もあるので、新聞紙や厚紙などで丁寧に包んだ後、しっかりとテープで固定して「不燃ごみ」として出しましょう。

 

出す際に、回収業者にケガする危険があることを伝えるため、「われもの」「危険」と分かりやすく明記しましょう。

 

家電調理器具

 

処分する場合、多くの自治体で「不燃ごみ」として回収してくれます。

ふたが、プラスチック製品の場合は、取り外して「可燃ごみ」に出しましょう。

しかし、家電調理器具のほとんどが30㎝以上の物ですので、その場合は「粗大ごみ」に出しましょう。

 

包丁やはさみ

 

きちんと研げば切れ味も戻るため、あまり処分する機会がない包丁やはさみは、回収業者は勿論のこと、同じ収集場所に出す近隣の人にもケガする危険があります。
ガラスなどと同様に刃が剥き出しにならないように、ガムテープや厚紙で包み、分かりやすく「刃物」「危険」などと明記しましょう。

 

リサイクルショップで売却する

 

使わずにしまい込んでいる新品の食器セットなどは、引き取ってもらえる場合があります。

ただし、刃物を売却したいと思い査定に持っていく場合、丁寧に梱包し見えない状態で持ち運ばなければ、銃刀法違反で捕まってしまう場合もあります。

リサイクルショップに持っていく目的であれば問題はありませんが、刃部分が露出していると危険と判断されるので、注意しましょう。

 

不用品回収業者に依頼する

 

一度にたくさん出したい場合は、不用品回収業者に依頼すると大変便利です。

業者によっては、仕分けもしてくれますし、鋭利な危険物も梱包する必要もないので、手間がかかりません。
キッチン用品以外にも処分したい不要品がある場合は、割安になるでしょう。

また、新品な物などは買取もしてくれる業者もありますので、一度検討してみてはいかかでしょうか。

 

まとめ

キッチン用品は、いつのまにか増えていきます。
使っていないけど、捨て方が分からずに置いてあるだけの物も多いのではないでしょうか。

 

お金をかけたくない方は、分別に時間はかかりますが収集場所に出すことで処分できます。

断捨離などを目的に1度家の中を整理したい方は、リサイクルショップや回収業者などを検討するといいでしょう。
ただし、キッチン用品は鋭利な物は多いので、ケガには気をつけて作業しましょう。

 

様々な素材のものがありますので分別する手間が大変ですが、きっかけを見つけて、一度キッチン周りを整理してみてはいかかでしょうか。
ユーティリティーサービスでもキッチン用品を含めた不用品回収業者も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 ユーティリティーサービス. All rights Reserved.