ブログ一覧


特殊清掃業者の必要性を相模原市の専門業者が解説!

特殊清掃業者が必要とされる理由

 

長く特殊清掃業として、活動している専門家であれば、近隣への配慮から自己防衛、施工技術など、持ち合わせたうえで活動されています。

しかし、周囲への配慮を考えずに、悪臭に耐え切れずに、入室後すぐに窓を開けるなど、あってはならない行動をする業者も、中にはいるのも現実です。

 

人の死が関係する現場では、悪臭だけでなく、ウジや銀バエが中心となりますが、虫が大量発生していたり、遺体がなくても、形が残っている現場もあります。

 

そういった現場では、一般の人では入ることもままならない状況で、特殊清掃業者は、近隣だけでなく、自分の身も危険にさらされていることあるため、きちんとした認識を持って業務を行うことが求められます。

 

さらには今後、高齢化が進み、孤立死等が増加している状況で、自殺による死亡件数も増加傾向にあり、「事件現場清掃業」とも呼ばれる特殊清掃が必要な現場は、今後もますます増えていくことでしょう。

 

それによって、専門業者への需要が高まっていく中で、より適切に業務を行ってくれる業者が求められて参りますし、たとえ作業内容によって高額になってしまった場合にも、金額に見合った作業も行ってくれるプロフェッショナルが、これから確実に必要とされる社会となっていくことでしょう。

 

発見まで時間がかかり、腐敗が進行し、悪臭や大量の虫を想像すれば、間違いなく誰しもがやりたがらない仕事です。

しかし、以前から誰かが行ってきた仕事であり、これからも誰かがやらなければならない仕事です。

 

そのため、無責任に中途半端に行うのであれば、ご遺族や不動産会社、不動産管理会社、大家さんに御迷惑をかけるだけで、誰の役にも立てずに時間が経過してしまうため、特殊清掃を行う以上は、知識や技術を持ち、責任を持って作業に取り組まなければなりません。

 

・まとめ

 

ご遺族の代わりに、作業を行うことでご依頼者の助けになります。

今後も増加する特殊清掃が必要な現場は、特殊清掃士といった専門的知識や技術を持った業者が求められていきます。

 

相模原市を拠点とする当社は、相模原市地区統括会員の特殊清掃士が在籍しています。

もしものときは、何時でもご連絡ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 ユーティリティーサービス. All rights Reserved.