ブログ一覧


不要になった襖・障子の処分方法

不要になった襖・障子の処分方法

 

襖や障子がボロボロになった場合や、部屋を広く見せたいため取り外したけど大きすぎて場所をとるので、処分したいと思っていても、処分方法が分からず困っている方は多いと思います。

 

この記事では襖や障子の処分方法ほご紹介いたします。

 

 

 

いくつかの襖や障子の処分方法を紹介

 

襖や障子は、大きすぎるため配送などが難しいことからリサイクルするよりも廃棄するほうが多い品目です。

ここからは、襖や障子の処分方法と注意点をご紹介いたします。

 

 

市町村で粗大ごみとして回収してもらう

 

住まいの市町村によって、ゴミの分類ルールが異なります。

襖や障子を廃棄したい場合は、必ず自治体のホームページなどを確認しましょう。

 

襖や障子は、市町村によって様々な扱いがされているものの1つになります。

なかには大型可燃ゴミとして扱っている市町村もあるようです。

その際には、取っ手の金属部分は取り外す必要があります。

 

粗大ごみとして扱っている市町村でも、持ち込み限定で回収しているところや、一辺を90㎝以下に切断するように指示している市町村もあります。

 

市町村によっては回収してもらえない

 

市町村によっては襖や障子は、回収してもらえない場合もあります。

 

その理由として、家の構造物として扱う市町村では、産業廃棄物に該当するため回収してもらえません。

その場合は、襖や障子をリメイクなどして有価物として扱える不用品回収業者か産業廃棄物処理業者に依頼するしかありません。

 

産業廃棄物処理業者に依頼する

 

家の構造物である建築廃材は産業廃棄物として処分しましょう。

ただし、産業廃棄物収集運搬許可の資格を持っている業者でなければ、運搬を行えないので依頼する場合は注意しましょう。

 

無許可の業者に依頼してしまった場合、不法投棄などのトラブルに巻き込まれる場合がありますので、気を付けましょう。

 

 

 

一般ごみとして処分

 

市町村によって異なりますが。1辺が30㎝以下や50㎝以下に解体して袋に収めることができれば、一般ごみとして出せます。

 

条件は既定のサイズ以下でまとめることなので、ノコギリなどで細かくするだけです。

しかし、無料で処分できますが手間はかかりますし、重労働になるでしょう。

 

釘で指を切らないように気をつけて作業しましょう。

 

地域掲示板で譲渡

 

ジモティーなどの地域掲示板を利用して、必要としている人に譲渡する方法もあります。

 

襖や障子の需要は低いですが、引き取り手が現れたら無料で処分することができますし、引渡し場所も自宅などと指定できるので良いでしょう。

 

しかし、ジモティーなどの注意点としては、ネット上のやりとりで成立し引き渡し時に初めて顔を合わすので、怖い部分もあります。

対策として同伴者や人通り多い場所を引渡し先に指定するといいでしょう。

 

不用品回収業者に依頼

 

市町村が襖や障子などの建具全般を産業廃棄物として扱っている場合や、持ち込みでしか回収しておらず自己半周が難しい場合は、不用品回収業者に依頼する方法もあります。

 

不用品回収業者に依頼する場合に注意しなければいけないのが、ゴミ処理業者ではないので処分は依頼できませんので、処分費を徴収してくる業者は違法業者となります。

不用品回収業者は古物商許可によって買取または回収が行えますので、出張費や人件費、車輛代、不要品の物量による回収費が内訳になってきます。

 

なので、襖や障子をリメイクやリペアしてリサイクル・リユースできる不用品回収業者を選ばなくてはいけません。

 

無料回収などと謳っている業者の利用は、後から高額請求や不法投棄などのトラブルにつながる可能性があります。

必ず資格を持った、見積もりやスケジュールの相談などにも対応してくれる業者を選びましょう。

 

まとめ

 

ここまで襖や障子の処分方法をご紹介してきましたが、参考になったでしょうか?

 

襖や障子は大きい物ですので、なかなか家から搬出できたとしても車に積むには、大きい車を持っている方か軽トラックなどをレンタルする必要があります。

解体するにも、作業するスペースが必要になり手間や労力を考えると、不用品回収業者に依頼するといった選択をする人が多いように思います。

 

不用品回収業者に依頼する場合、費用はかかりますが運ぶ手間もなく、日程も希望日で回収しにきてくれる業者がほとんどですので、大変便利になります。

その他に回収してほしい不要品があれば、一度に持っていってもらうことができます。

 

ユーティリティーサービスでは、今まで廃棄物として扱われていた物を、リメイクなどして再利用できるようにする「アップサイクル」を行っておりますので、襖や障子の処分でお困り際は、お気軽にご相談ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 ユーティリティーサービス. All rights Reserved.