ブログ一覧


コンクリートブロックの処分方法|無料も紹介!

コンクリートブロックの処分方法|無料も紹介!

 

ご家庭では、物置の台として利用されることの多いコンクリートブロック。

遺品整理や生前整理、引越しなどで物置を処分する際に、「ブロックを処分したいけど、どこで回収してくれるか分からない」

「コンクリートブロックは何ゴミになるのが分からない」などと悩まれる方は多いと思います。

 

とくにコンクリートブロックはめったに捨てることのない物ですので、様々な処分方法があるにも関わらず、もったいない処分方法をしてしまっている方も多いと思います。

 

この記事ではコンクリートブロックの処分方法や無料の処分方法を紹介いたします。

 

 

 

コンクリートブロックは個人では処分できない物

 

コンクリートブロックは「粗大ごみ」か「不燃ゴミ」かで悩まれる方が多いと思いますが、一般的に不要になったコンクリートブロックは個人では処分することができません。

コンクリートブロックは「建築廃材=産業廃棄物」に分類されるからです。

 

 

コンクリートブロックは「産業廃棄物」に該当する

 

コンクリートブロックは、自治体によって異なりますが、多くの自治体で「産業廃棄物」として扱われています。
まれに相模原市のように、「コンクリートブロックは6つまで回収」などと応じてくれますが、基本的には「産業廃棄物」という扱いとなり、行政では処分することができません。

 

原則として「産業廃棄物」は、工事事業者(工場など)が自分で処分しなければなりませんので、一般的なゴミの捨て方では回収してもらえないということになります。

産廃場という建築廃材の中間処理場で引き取ってもらえますが、取引するには契約が必要になります。

 

コンクリートブロックを処分するだけの為に契約は手間ですので、不用品回収業者に依頼しましょう。

ただし、産廃場と契約してるかの確認をするために、「どこで処分するのか」聞いて判断しましょう。

 

コンクリートブロックの処分費用

 

コンクリートブロックの処分費は、一般的な大きさ(39㎝×19㎝×100㎝)で1個あたり1,000円前後とされています。

回収を依頼した場合は、処分費用に加えて運搬費用が必要になりますので、回収の依頼でだけで15,000円~25,000円かかるでしょう。

 

購入した値段より処分費用の方が高くなってしまいますが、車輛や人件費、処分費用がかかり、回収場所から処分場に運搬するので、コンクリートブロック1個でもそれ相当の時間がかかりますので、安すぎる業者は逆に不法投棄の恐れがありますので、気をつけましょう。

 

ブロックの処分方法

 

産業廃棄物であるコンクリートブロックも、不用品回収業者に依頼する他に、様々な処分方法があります。

方法次第では無料に処分することができるでしょう。

ぜひ参考にしてください。

 

不用品回収業者に依頼する

 

上記でも紹介しましたが、産廃場と契約している不用品回収業者に依頼する方法があります。

 

不用品回収業者は自宅まで回収に来てくれますので、運ぶ手間が不要になります。
また、急な依頼にも対応してくれるところもあるため、早く処分したい人にお勧めの方法の1つになります。

 

コンクリートブロック以外にも、回収してもらいたい不用品がある場合は割安になると思います。

ただし、処分費用と人件費などを含めた運搬費用が必要になります。

 

 

 

ブロックを最安・無料で処分する方法

 

重いコンクリートブロックを運ぶ手間はありますが、場合によっては安く、無料で回収してもらえる場合がある処分方法を紹介いたします。

 

購入した店舗に回収してもらう

 

コンクリートブロックを購入したホームセンターなどの店舗で、無料で回収してもらえる場合があります。
店舗によっては自宅まで回収に来てくれる場合もありますので、事前に確認とってみましょう。

 

店舗によっては購入したことが分かるレシートや店舗のシールの確認が必要な場合もあります。

回収を拒否された場合は、最寄りのホームセンターなどに問い合わせてみるといいでしょう。

 

 

フリマアプリやサイトで売却する

 

状態が良く、使用可能であればフリマアプリやネットオークションで売却する方法があります。
売却することができれば利益になりますので、お得な方法です。

しかし、コンクリートブロックは重量物になるので、宅配便では引き取ってもらえない場合もあります。

配送できたとしても、送料が大きさに比べて高くなってしまう可能性が高いので、値段設定には注意する必要があり、必然と高くなってしまうので、購入者側が割高になるので落札されない場合もあります。

 

 

地域の掲示板を利用する

 

中古あげます・譲りますのプラットフォームである「ジモティ」で、必要としている人に譲ることができます。

取引場所を自宅に設定できたり、有料で譲ることもできますので、大変便利です。

ただし、個人間の取引になりますので、トラブルにならないように注意しなくてはなりません。

 

欲しい人に譲る

 

コンクリートブロックを使用している家庭は多く、需要はそれほど低くないため、欲しい人は意外と身近にいるかもしれません。

近年DIYが人気ですので、身内や知り合いに聞いてみてはいかがでしょうか。

お金を出して処分する前に、一番最初に行ってみてください。

 

 

まとめ

 

コンクリートブロックは一般的に産業廃棄物になります。

お住みの自治体でコンクリートブロックを回収していなかった場合は、紹介してきた処分方法を参考にしてみてください。

有料の処分方法や無料の処分方法にもメリット・デメリットがございますので、自分にあった方法を選択してください。

弊社ユーティリティーサービスも産業廃棄物処理場と契約しておりますので、ご相談や依頼など承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 ユーティリティーサービス. All rights Reserved.