ブログ一覧


相模原で猫砂の処分ならお任せください!

相模原市で猫砂の処分方法を解説!

 

ペットを飼っているご家庭や、故人様が猫を飼っていた場合、猫のトイレに必要な猫砂がストックされていることが多くあります。

そのため、片付けのする際に、未開封の猫砂が出てきて「どう処分して良いのか分からない」「庭に撒くしかないのか?」と悩んでしまうといった相談を聞くことがあります。

 

当店では、即日対応で相模原市内を作業費無料で、1袋あたり500円+出張費2000円でお悩みを解決致します。

その他にも、お気軽に便利屋業務の御相談も承っております。

 

また、猫砂にも様々な種類があるため、それぞれ処分方法が異なります。

 

この記事では、猫砂の捨て方に困っている方のために、猫砂の処分方法を解説致します。

 

猫砂 ゲージ

 

猫砂とは?

 

猫砂とは、猫の飼育に用いられる排泄用の砂の一種です。

一般的な砂を指すことも多いですが、現在では猫の動物の整理的習慣を動物学的の見解を基に作り上げられた粒子状の人工物を猫砂といいます。

 

猫砂 掃除

 

猫砂の必要性

 

猫砂には2つの必要性があります。

 

1つは、猫が自身の生理現象に対して一定の消臭効果が認められ、さらに猫が排出しやすい砂であること。

 

2つ目は、人間側から感じる居住の快適性です。

室内飼育がメインとなる猫の飼育では、可能な限り無臭に近い環境を作る上で、猫砂が必要不可欠になっています。

 

猫砂の種類

 

猫砂の素材は、大きく分けて5種類あります。

 

種類によって特徴が異なりますので、ご紹介します。

 

システムトイレ 猫砂

 

鉱物系

 

もっとも古くから使用されているのが「鉱物系」の猫砂です。

天然の砂に近いため、掘り心地が良く、猫が最も好む種類です。

 

ずっしりと重みのあるモノで、さらに尿を吸うと重くなるため、人間にとっては扱いづらい種類と言えます。

 

紙系

 

紙系の猫砂も固まる砂ですが、鉱物系のモノと比べると固まる力は弱まります。

しかし、紙系のモノなので砂自体は軽く、また水に流せるモノも多いため、扱いやす商品になります。

 

また、白い紙砂を利用することで尿の色が分かるため、猫の健康状態を確認することができます。

 

おから

 

おからで出来た猫砂は、固まる力が強力で、小さめの塊になるため、処理しやすいことが特徴です。

軽さ、掘り心地、処理のしやすさなど、総合的に優れています。

 

しかし、原料が食べ物のため猫が食べてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

木製

 

木材を使った猫砂は、2種類有り、固まるタイプのモノとシステムトイレ用の砂があります。

 

最近ではシステムトイレが人気で、木製の猫砂はシステムトイレで使えるペレットタイプの砂のことを一般的に言います。

ペレットタイプの砂は、尿を固めず通過させます。

 

種類によっては尿で濡れると粉々のおがくず状に崩れて、システムトイレのすのこを通って下に落ちるため、使い勝手が良く、さらには臭いも残りにくいのが特徴です。

 

猫砂 木製

 

シリカゲル

 

乾燥剤で使用されるシリカゲルじゃ、排泄物に含まれ水分をすばやく吸収し、気になるトイレの臭いも消臭してくれる効果があります。

猫がお気に入りの砂に少し混ぜることで、消臭剤の代わりとして使用するのも良いでしょう。

 

毎回掃除する手間がなく、お手入れが簡単です。

 

猫砂の処分方法

 

地域によって分別方法は異なりますが、基本的には自治体で処分することができます。

トイレに流せる猫砂も普及していますが、トイレに流さないことを推奨している自治体もあります。

 

猫砂 トイレ

 

燃えるゴミで処分

 

植物系の猫砂は燃えるゴミとして処分することができます。

その他にも、燃えるゴミとして処分できるものがあります。

 

・木製

・おから

・紙製

 

以上の主成分が有機物の猫砂は、燃えるゴミとして自治体で処分することができます。

トイレで流せる猫砂も、一度に大量に出る場合は燃えるゴミに出しましょう。

 

燃えないゴミで処分

 

鉱物系やシリカゲルの猫砂は、不燃ゴミ扱いになります。

しかし、ゼオライトの猫砂は自治体によって分別が異なるため、事前に確認しましょう。

 

トイレに流す

 

紙製やおから、木製などの有機物が主成分の猫砂は、水に流すことができます。

一気に流してしまうと詰まりの原因になりますので、少しずつ数回に分けて流しましょう。

 

まとめ

 

猫砂は、自治体で処分することができます。

 

種類によって、「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」に分かれるため、自治体のルールに従って処分しましょう。

相模原市でも、自治体で処分可能ですのでルールを確認しましょう。

調べるのが手間で面倒な場合は、当店までお気軽にお問い合わせください。

 

処分する際の注意点として、猫砂は細かいため袋に穴が開いて散らばってしまわないように、袋を2重にするなどして近隣の方に配慮して処分しましょう。

 

当店、相模原市のユーティリティーサービスは、片付けのプロフェッショナルです。

猫砂などを含む、お家や部屋の片づけにお困りの場合は、ご相談ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 ユーティリティーサービス. All rights Reserved.