ブログ一覧


エアコンクリーニングって必要あるの?タイミングは?

エアコンクリーニングって必要あるの?タイミングは?

 

最近「エアコンクリーニング」の認知度が高まってきています。

しかし、どこまでクリーニングしてくれるのか、「お掃除機能付き」「内部クリーン」があるのに必要あるの?と疑問に思う方もすくなくありません。

 

エアコンクリーニングも行っている当社がエアコンクリーニングの必要性についてご紹介いたします。

 

 

 

エアコンの仕組み

 

エアコンの吹き出しから出てくる風は、外の空気を循環して出している訳ではありません。

 

部屋の中の空気を循環して出しているのです。

エアコンのカバーを外した中に、室内機には熱交換器という金属パーツがあります。

 

この熱交換器を、冷房時にはキンキンに冷やし、暖房時にはアツアツに熱くします。

そこに室内の空気が吸い込まれて熱交換器を通過し、温度調節をしているのです。

 

 

 

お掃除機能付きはエアコンでもエアコンクリーニングは必要!

 

家電メーカーでは、お掃除が一切必要ないと売り出している「お掃除機能付き」エアコンですが、エアコンクリーニングは必要です。

 

上記で説明したように、エアコンは室内の空気を吸っているので、一緒に目に見えないホコリも吸っています。

そこで、フィルターが埃をキャッチし、空気を送り出しています。

「お掃除機能付き」は、フィルターに溜まった埃を自動で掃除してくれる機能になるのです。

 

フィルターがあっても、内部に埃は溜まりますし、冷房使用時の結露によってカビも生えてきます。

内部は、構造が複雑なため家庭で出来る掃除では行き届きませんので、エアコンクリーニングが必要になります。

 

 

エアコンクリーニングを検討すべき合図は?

 

エアコンクリーニングが「お掃除機能付き」だろうと必要なのは、分かっていただけたと思いますが、どのような変化があった場合に行うべきなのか?

それは、自分の目で見て、臭いを感じて判断するしかありません。

 

家庭によって使用頻度や使い方などによっても、埃の溜まり方やカビの生え具合は異なります。

また、エアコンクリーニングをしなくてはいけない決まりはありませんので、自分で必要と思わなければ行う必要はありません。

 

 

 

吹き出し口の汚れやカビの臭いが気になる

 

エアコン本体のカバー上が、埃まみれになっている。

エアコンを起動するとカビ臭い気がする。

 

以上のような汚れや臭いが気になる方は、エアコンクリーニングを検討しましょう。

 

エアコンの本体に目に見えて埃が溜まっている場合、内部にも埃が溜まっている場合がほとんどです。

内部の汚れは、カバーを外す必要があり、一般の人が行うには破損させるリスクもあるため難しいです。

 

臭いに関しても、フィルターを掃除しただけでは解決しないでしょう。

カビの原因は、冷房による内部の結露です。

お風呂と同じで、結露を長期間放置しているとカビが生えてきます。

その場合、薬剤を使用し高圧洗浄を行うことで、臭いの悩みから解放されるでしょう。

 

 

 

咳が止まらない、アレルギーの症状かも

 

エアコンを起動すると、咳が出たり、頭痛や鼻詰まりなどの症状が出る場合は、早急にエアコンクリーニングを検討しましょう。

 

長年エアコンを掃除していないと、内部に溜まった埃やカビを、エアコンから排出されるため室内に充満し、ハウスダスト症候群やアレルギーなどの症状を引き起こしていると思われます。

喘息の原因にもなる場合もあるため、エアコンクリーニングをお勧めします。

 

エアコンクリーニングの頻度は1~2年に1回

 

エアコンクリーニングの頻度は、1~2年に1回が目安です。

 

フィルターをお掃除せずに、夏や冬の時期に1日中エアコンを使用するなどしていた場合、フィルターが汚れ、本体にも影響がでる恐れがあるためです。

 

ペットや小さい子供や赤ちゃんがいるため、毎日使われている家庭では1年に1回のエアコンクリーニングお勧めします。

 

 

 

フィルター掃除の頻度は、月2回!

 

エアコンを清潔に保つためには、フィルターお掃除も重要です。

フィルターであれば、簡単に取り外しができますので、部屋の掃除と一緒に行いましょう。

 

フィルターの掃除頻度は月2回行いましょう。

 

エアコンフィルターは、埃やカビが溜まりやすい部分になります。

そのため、定期的に行う必要があります。

掃除機で吸い取ったり、専用の薬剤を吹きかけたり、風呂場の排水溝の近くでフィルターの裏からシャワーをかけてあげると一瞬で埃が取れますので、試してみてください。

 

しつこい埃には、アルカリ性洗剤を使用すると良いでしょう。

 

 

 

お掃除機能付きエアコンは2年に1回

 

お掃除機能付きエアコンは、フィルターの掃除の手間は無くなりますが、内部を掃除してくれる機能ではありません。

一般的なノーマルエアコンと変わらず、内部洗浄は必要になります。

 

フィルターを自動で掃除してくれる分、ノーマルエアコンより微々たる低頻度ですが、2年に1回が目安になるでしょう。

 

しかし、家庭によっても汚れ方は様々ですので、汚れや臭いで判断しましょう。

 

まとめ

 

ここまで、エアコンクリーニングの必要性や行うタイミングについて紹介してきましたが、参考になりましたか?

 

エアコンクリーニングを行うことで、節電になったり、行わないエアコンより長持ちします。

やはり、家電ですのでメンテナンスは重要になります。

 

エアコンを購入してから、1~2年に1回がクリーニングの目安となるでしょう。

賃貸物件の備え付けの場合は、ハウスクリーニングで行っていますが、見た目が綺麗だからと行わない悪質な業者もいます。

そのため、吹き出し口を覗いて見たときの汚れ具合や、起動させたときの臭いで判断する必要があるということです。

 

当社ユーティリティーサービスでも、エアコンクリーニングを行っておりますので、夏や冬の使用頻度が高まる前にエアコンクリーニングを検討し、ご相談ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 ユーティリティーサービス. All rights Reserved.