ブログ一覧


不要になった香水の処分方法!

不要になった香水の処分方法!

 

女性や男性も使う香水ですが、新商品が出たり、いつも使っている香水の香りに飽きて新しいものを購入したりと、大人であれば誰しもが持っているといっても過言ではない香水。

 

しかし、デザインに凝ったものですと、いろんな素材が容器につかわれていたり、中身が残っていたりすると処分方法に悩んだことはありませんか?

 

香水のほとんどがアルコールが使用されているため、誤った処分方法をしてしまうと、大事故に繋がる場合があります。

 

この記事では、香水の処分方法に困っている方の参考になればと、遺品整理や片付け清掃業者のユーティリティーサービスが経験を含めて、ご紹介いたします。

 

 

 

香水の正しい処分方法

 

香水は物持ちが良いものの1つでもあり、気がついたら香水が増えていたなんてことあると思います。

 

香水は一般的に瓶に入っているものが多く、手間がかかりそうなイメージがありませんか?

 

たしかに、中身が残っているとアルコール成分が含まれている液体も処分する必要がありますので、開ける手間や処分の際に注意が必要です。

香水の正しい処分方法についてご紹介していきます。

 

 

 

香水のスプレー部分を外す

中身は残った状態の香水は、液体を出す必要があります。

 

香水の瓶やボトルは、液漏れをしないようにスプレー部分が簡単には開かないように作られています。

そのため、ほとんどの香水がひねるだけでは開きません。

 

手で開けるには難しいと思いますので、工具を使って開ける必要があります。

 

必要な物

 

・マイナスドライバー

・ニッパー

・新聞紙や古布

・軍手

 

飛散防止に新聞紙や布を敷く

 

まずは開ける際に液体が飛散してもいいように、新聞紙や古布などの汚れてもいいものを敷きます。

バスタオルなどは、香水を置いたときに安定しないので、注意しましょう。

 

液体にはアルコールが混ざっているので、何枚か重ねるといいでしょう。

 

マイナスドライバーとニッパーでスプレー部分を取り外す

 

瓶やボトルつながっている金属部分にマイナスドライバーをねじ込みテコの要領で金属部分を浮かせます。

つぎに、浮かせた隙間にニッパーを使って縦に刃を入れ、スプレー部分を取り外します。

 

金具の切れ目で指を切らないように、軍手を使用して作業しましょう。

 

中身の処分方法

 

香水にはアルコール成分が含まれているので、間違った処分方法を選択すると大事故になる場合があります。

正しい中身の処分方法をご紹介いたします。

 

必要な物

 

・新聞紙や古布

・ビニール袋

 

ビニール袋に要らなくなった新聞紙や古布といった吸収性のあるものを、詰め込みます。

そして、残っている香水の液体を流し込みます。

 

臭いが気になる方は、ジップロックなどの密閉性の高いものに入れるといいでしょう。

 

あとは、燃えるゴミとして処分できます。

 

容器の処分方法

 

中身のがなくなった容器は、自治体のルールに従って処分しましょう。

 

ガラス瓶 燃えないゴミ、資源ゴミ、割れ物など
プラスチック容器

プラごみ、燃えないゴミ 

金属部分 金属ゴミ
スプレーのチューブ部分 プラごみ、燃えるゴミ
シリコン栓

燃えるゴミ

 

各自治体によって分別のルールは様々ですので、お住いの自治体のホームページなどを確認して処分しましょう。

 

 

 

香水の間違った処分方法

 

面倒が故に間違った香水の処分方法をしてしまっている方もいると思います。

なぜ間違っているかと併せてご紹介いたします。

 

香水の瓶を燃えるゴミに混ぜる

 

多くの自治体で瓶は「燃えるゴミ」で処分することはできません。

瓶は「燃えないゴミ」「空き瓶」「割れ物」に分類されます。

 

自治体のルールに基づいて分別して処分する必要があります。

 

香水の中身が残っているまま処分する

 

中身を出すのが面倒でそのまま捨ててしまう方も多いと思います。

 

しかし、香水の液体にはアルコール成分が含まれているため、引火する恐れがあります。

万が一、香水によって火災事故などが起きた場合、多額の損害賠償を請求されるなんてことがないように、上記の中身の出し方を参考に正しく処分しましょう。

 

中身をトイレや洗面台に流す

 

液体だからといって香水の中身を、トイレや洗面台に流してしますと匂いが染みついてしまう場合があります。

 

たま、排水管を傷めてしまう恐れもあります。

香水の中身は、新聞紙や古布に染み込まして、燃えるゴミに出して処分しましょう。

 

香水を捨てる以外の処分方法

 

香水にも賞味期限があり、未開封のもので3年と言われています。

最近購入したものを不要になったからといって、捨ててしまうのは勿体ないですよね。

 

ここからは、捨てる方法以外にも香水を処分できる方法をお伝えします。

 

ネットオークションやフリマアプリで売る

 

購入してから3年以内の賞味期限が切れていないもので、半分以上残っている香水はネットオークションやフリマアプリに出品してみるのも良いでしょう。

小さいものなので、梱包も配送も簡単です。

瓶タイプの香水は、割れないように気をつけましょう。

 

リサイクルショップで買取ってもらう

 

ネットオークションやフリマアプリで売るのが、手間に感じる人はリサイクルショップで買取ってもらいましょう。

 

香水の状態や、ブランドなどによって買取価格が上下しますが、店舗に持っていくことで査定してもらえて、その場で現金化できるので大変便利な方法です。

 

ルームフレグランスとして再利用する

 

香りが気に入っていた香水は、ルームフレグランスとして再利用する方法もあります。

 

意外と作り方も簡単ですのでご紹介いたします。

 

必要な物

 

・竹串

・ニッパー

・瓶

・アトマイザー用の詰め替えノズル

・無水エタノール

 

作り方

 

①竹串の先端をニッパーでカットし平らにする

②詰め替えノズルでお好みの瓶に香水を移す

③竹串をさして完成

 

香りの調整を無水エタノールで行うことができます。

香水のボトルデザインが気に入っている場合は、蓋だけ外し竹串をさすだけで完成です。

 

 

 

まとめ

 

ここまで、不要になった香水の処分方法などをご紹介してきましたが、参考になりましたか?

 

香水には、アルコール成分が含まれているので正しく処分しましょう。

また、廃棄する前に買取サービスを利用したり、ルームフレグランスとして再利用することも検討してみてください。

 

弊社ユーティリティーサービスでも香水の回収も行っておりますので、大量にあって処分するのに困っている際はお気軽にご相談ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 ユーティリティーサービス. All rights Reserved.