ブログ一覧


不要になった植木鉢の処分方法

不要になった植木鉢の処分方法

 

植木鉢は、ガーデニングをするうえで必ず必要な物ですが、遺品整理や引越し、植木鉢を買い替えるなどといった理由で処分することがあると思います。

自治体に依頼するにも、ゴミの分別はどうすればいいのかなど、悩むことが多いと思います。

 

この記事を参考にすることで、スッキリ処分していただけたらと思います。

 

 

 

植木鉢も様々な種類がある

 

植木鉢は、プラスチック製品の物や陶器、金属などの様々な種類があります。

素材によって植木鉢の処分方法が異なります。

 

また、自治体によっても異なり、大きさによっても分別の仕方が変わります。

 

30㎝以下の植木鉢の場合

 

30㎝以下のプラスチック製品や木製の植木鉢は、燃えるゴミとして処分できます。

また、陶器や金属製の植木鉢は、不燃ゴミとして回収に出せます。

 

ただし、自治体によってサイズの基準は異なりますので、確認してみましょう。

 

割れや欠けがあるものは、回収業者が怪我をしないように新聞紙やダンボールで包み、「割れ・危険」などと書いて出しましょう。

この場合、お住いの収集場所に出せるので、無料になります。

 

30㎝以上の植木鉢の場合

 

大きい植木鉢の場合は、「粗大ごみ」に該当します。

 

捨てる物によって処分手数料が異なりますので、お住いの粗大ごみセンターに確認しましょう。

 

手数料の支払い方法は、コンビニや郵便局などで「粗大ごみシール」を購入することで、手数料の支払いが完了します。

そして指定日に収集指定場所に持っていくだけになります。

 

シールは回収業者が確実に見える位置に貼りましょう。

 

植木鉢の大きい物になると、かなりの重量になると思います。

運ぶことを考えると、女性や高齢者には大変手間になる方法かもしれません。

 

植木鉢の処分方法

 

上記では自治体での処分方法を紹介しました。

 

しかし、不要になった植木鉢の処分方法はほかにもあります。

 

 

 

不用品回収業者に依頼

 

大量の植木鉢がある場合や処分に急いでいる方、収集場所に運ぶのが困難の方にお勧めの方法になります。

 

不用品回収業者は、お客様のご希望の指定日時に家の前までトラックで来てくれて、置いてある場所から運び出してくれます。

また、植木鉢のほかにも処分したい不用品がある場合は、割安になると思います。

 

デメリットとしては、処分費に加えて運搬費がかかりますので、自治体と比べると割高に感じる場合があります。

 

誰かに譲る

 

植木鉢は、一部の新品の骨董品以外は、中古品の需要はありません。

リサイクルショップに持っていっても、引き取ってもらえません。

 

しかし、「中古でもいいので無料で植木鉢が欲しい」という方は意外に多くいます。

 

自治体の掲示板やネットの「あげます、譲ります」コーナーを利用してみましょう。

 

チャット形式で簡単に取引ができ、引渡し場所なども指定できるところがメリットになります。

 

しかし、壊れていたりひび割れているとトラブルの原因になりますので、出品するのはやめましょう。

 

またネットオークションやフリマアプリに出品する方法もあります。

ただし、あまり大きな植木鉢は梱包や発送が大変になりますので、注意しましょう。

 

寄付する

 

学校や幼稚園、福祉施設などでは花を育てるために植木鉢を必要としているところもあります。

 

それによって、植木鉢を寄付すると喜んでもらえる場合があります。

ホームページで寄付を呼び掛けているところもあるため、ネットで検索してみるのもいいと思います。

 

ただし、寄付を検討する場合、必ず事前に連絡したうえで持っていきましょう。

 

不要になった植木鉢を押しつけるようなことは絶対にやめましょう。

 

土の処分方法

 

土はほとんどの自治体でゴミに出すことができません。

 

土は自然の物なので、ゴミではないという認識から、ほとんどの自治体では土の回収は行っていません。

 

しかし、鉢植え程度の少量の土であれば、可燃ごみとして回収してくれる自治体もあります。

また、有料での回収や指定場所への持ち込みでの回収などを行っているところもあります。

 

土の処分方法は自治体によって異なりますので、確認してみましょう。

 

土を処分する際は、植えられていた花屋野菜などの根や茎などは取り除きましょう。

 

土は自然な物だからといって、安易に公園や植え込みなどに土を捨てるのは、不法投棄として処罰の対象になる場合もありますので、絶対にやめましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、不要になった植木鉢の処分方法についてご紹介してきました。

 

植木鉢の処分方法は、素材や大きさによって異なります。

また、処分したい状況によっても最適な方法は変わってきます。

 

なるべくお金をかけたくない場合は、誰かに譲ったり、売却してみるといいと思います。

手間をかけたくない方やお急ぎの方は、不用品回収業者に相談してみましょう。

 

ユーティリティーサービスでも、植木鉢の回収を行っていますので、お気軽にご相談ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 ユーティリティーサービス. All rights Reserved.