ブログ一覧


ソファーの処分方法

ソファー処分方法

 

大型の家具は処分しにくい不用品の1つですが、そのなかでも特にサイズが大きいのがソファーです。
引越しや部屋の模様替えを伴う片付けの際に、不要になったソファーの処分の方法に悩む方は多いのではないでしょうか。

そんな方の参考になればと、この記事ではソファーの処分方法について解説していきます。

 

自治体に粗大ごみとして出す

 

粗大ごみを処分するのに最初に思い浮かぶのが、粗大ごみとして処分する方法だと思います。

お住みの市区町村の粗大ごみ受付センターのホームページを見れば、簡単に手数料が調べられますので、事前に確認しましょう。

確認後、市役所や指定のスーパーやコンビニなどで手数料は支払い粗大ごみシールを購入します。

あとは、指定された日に指定場所へ出すだけで収集業者が回収してくれます。

 

粗大ごみとして出すメリットは?

 

自治体によって異なりますが、予め費用が明示されていて安心です。

また、立ち合いが必要ありませんので、費用を調べたり手数料を支払いに行ける時間さえ作れれば、忙しい方にとっては大変便利な方法になります。

 

ほとんどの自治体では自分で粗大ごみセンターに持ち込むことができる場合もあります。

その場合は運賃分が必要なくなるので、費用を抑えることができます。

 

粗大ごみとして出すデメリット

まずは、処分費用が発生します。
粗大ごみシールを購入する必要がありますので、時間がない方には向いてない方法になります。

また、収集日も指定されていますので、すぐに処分することができません。

収集場所まで自分で運ばなければいけませんので、女性や高齢者では大きくて重いソファーを運び出すのは一苦労です。

運び出せたとしても一般の方が行った場合、床や壁が傷つく可能性が大いにあります。

 

リサイクルショップに買取してもらう

 

最近のリサイクルショップは、出張引取りしてくれる店舗が多いので、インターネットでお近くのリサイクルショップを探してみましょう。
その場合、運び出しも業者側が行ってくれます。

見積もりもメールや電話だけで、状態や使用年数、購入時期などを考慮して査定を行ってもらえるので、大変便利です。

価格に納得できなければ、別の方法を考えましょう。

 

店舗によって査定金額は異なりますので、いくつかの店舗に問い合わせて比較してみてはいかがでしょうか。

 

不用品回収業者に依頼する

 

ソファーの数が多い場合やリサイクルショップで引き取ってもらえなかった状態の悪いソファーは、不用品回収業者に依頼すれば、回収してもらえます。

不用品回収業者であれば、運び出しからも任せられますし、買取対応している業者であれば状態の良いソファーであれば減額してもらえる場合があります。

 

不用品回収業者に依頼するメリット

 

何より不用品回収業者に「運び出し」を任せられることが最大のメリットです。
2階にある階段で降ろせないソファーも不用品回収業者に依頼すれば、床や壁に傷つけることなく

搬出してもらうことができます。

 

また、依頼から収集までがスピーディーに対応してもらえるのも不用品回収業者の特徴です。

ソファー以外にも処分したい不用品がある場合も、自分でまとめる手間もかからずに全て回収してもらえますので、大変便利でしょう。
女性や高齢者、急ぎの方にお勧めの方法になります。

弊社ユーティリティーサービスでは、複数回利用していただいた場合は10%割引させていただいております。

 

不用品回収業者に依頼するデメリット

 

不用品回収業者は数多くありますので、作業の丁寧さや対応、質が分からないので依頼したが期待したサービスが受けれない可能性もあります。

必ず立ち合いが必要になります。
また回収費用につきましては、「回収費用」「運搬費用」「人件費」などの費用がかかりますので、割高になります。

 

地域の情報掲示板に掲載する

 

地域の情報掲示板に掲載することで、同じ地域の必要としている方に譲るという方法になります。

自宅を取引場所に指定することができますし、値段も設定することができますので、新しい物であれば利益にもなります。

必要としている方に、また使ってもらえるのは気持ちが良いことです。

ただし、写真を撮る手間や正確なソファーの情報を調べて記入する必要があります。

ソファーの状態やブランド、購入時期や汚れている個所など細かく詳細を記入しなければ、引取り時に「写真と違う」などとトラブルになる可能性があります。

また顔の見えない人とやり取りをするのは、大変不安なことです。
すべて自己責任になることがデメリットです。

まとめ

 

ここまでソファーの様々な処分方法とメリットデメリットを紹介してきました。

粗大ごみとして出す」「リサイクルショップに出す」「不用品回収業者に依頼する」「地域の情報掲示板に掲載する」といった4つの方法の中から、ご自身の状況などを考慮して最適なソファーの処分方法を選んでみてください。

不明な点や質問等あればお気軽にユーティリティーサービスまでお問い合わせください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 ユーティリティーサービス. All rights Reserved.