ブログ一覧


ゴミ屋敷の危険性と予防対策

ゴミ屋敷の危険性と予防対策

 

ゴミ屋敷やゴミ部屋は、お部屋の中が不用品やゴミが溜まってしまった状態のことを言います。

たまにニュースなどで報道されていたりしますが、意外と身近にある出来事だったりします。

ゴミ屋敷は、想像以上の被害が起こる危険性があります。

孤独死という最悪の事態も、近年では多数起こっています。

 

今回は、そうしたゴミ屋敷の危険性や予防対策を、ご紹介いたします。

 

ゴミ屋敷の危険性

実際にゴミ屋敷の部屋が、どんな状態になってしまうのか、解説していきます。

 

食べ残しなどのゴミによる悪臭

 

コンビニ弁当の食べ残しや、ペットボトルや缶・瓶などの飲み残しによる「臭い」。

そのまま何日も放置していると、やがて腐りだし「腐敗臭」を部屋中に放ちます。

この腐敗臭は、食べ残しなから発生しているわけではなく、そこに繁殖した「細菌」によって作り出された臭いなのです。

ゴミ屋敷の部屋では、このような食べ残しがあちこちに置かれている状態です。

これによって、日を追うごとにゴミが溜まっていくと、近隣住民にも影響を及ぼす可能性があります。

臭いは、わずかな隙間があれば外に漏れてしまうので、周囲に伝わっていきます。
こうした状況が長く続くと、臭いも壁や天井に染みこみますので、専門的な消臭作業や最悪の場合リフォームを行わないと完全消臭できなくなってしまいます。

 

食べ残しのゴミが害虫発生の原因になる

 

食べ物や飲み物の残りからゴキブリやネズミの発生を招き、ゴミで溢れかえった環境では退治も出来ません。

寒さが苦手な害虫も、物が積み重なっているため、物の隙間で寒さをしのぐことができてしまいます。

こうした状況が様々な生き物を呼び寄せてしまい、病原菌によって健康被害にも影響を及ぼします。

 

引火によって火災

 

最後にゴミ屋敷の問題で危険性が高いのが、引火による火災です。
溜まった埃がコンセントを覆い、引火して火災が起きるとゴミによって一気に燃え広がってしまうでしょう。

たとえ、住人がいち早く火災に気づいても、火元はゴミの下なので消火はできないですし、足の踏み場もないゴミの中では逃げ遅れてしまう可能性があります。

 

孤独死の危険性が高まる

 

高齢者が暮らすゴミ屋敷では、不安定なごみ山の上で高齢者による転倒事故が非常に多く、転倒した衝撃で身動きがとれずに何日も放置される状態になってしまうので、孤独死してしまう危険性があります。

 

ゴミ屋敷と孤独死の関係は深く、近年では社会問題にもなっているため。自治体ではゴミ屋敷条例を制定している市区町村もあるくらいです。

ゴミ屋敷にしない予防対策

 

ここまで紹介してきた通り、ゴミ屋敷になると、深刻な被害が起きてしまいます。

精神的・身体的なことが原因でゴミ屋敷になってしまうことが多いので、ゴミ屋敷を未然に防ぐためには、家族や親族が協力しなければなりません。

 

納得してもらって片付ける

 

高齢者の方に多いのですが、物を捨てることに罪悪感を持っている人もいます。

片付けるには、納得してもらってから片付けを進めるのがコツです。

 

周りから見ればゴミでも、本人にとっては大事な物かもしれませんので、親子関係だからといって、勝手に処分してはいけません。
コミュニケーションをとりながら「まずは玄関から」などと徐々に進めていきましょう。

親子関係が悪くて話せる状況ではない場合は、ケースワーカーなどの第三者を間にはさむことで、子供の話に耳を傾けない親でも、第三者から指摘されれば行動を改めることも珍しくありません。

 

ゴミ屋敷のままの危険性を理解してもらう

 

高齢者は環境の変化を好まない傾向にありますが、ゴミ屋敷のままで生活することの危険性を理解してもらいましょう。
「なぜ危険なのか」「なぜ片付けたほうがいいのか」安全に暮らしてもらいたいという明確な理由を伝えることで理解してもらいましょう。

 

まとめ

 

ゴミ屋敷の問題は健康面や危険性から社会問題となっていますが、その背景は住人の精神的な寂しさが原因で

あることを知っておきましょう。

そのうえで解決するためのコミュニケーションを含めて行動し、それでも聞き入れてもらえない場合は最終手段である行政に委託する方法もあります。

 

また、身体的にゴミが捨てられないことが原因でゴミ屋敷になってしまっている場合は、手助けしてくれる人間がいることを分かってもらうことも、大切です。
市区町村の生活支援サービスを利用する方法もあります。
自分だけの力ではどうにでもできない場合は、手助けしてくれるサービスがあるということ分かってもらいましょう。

 

弊社ユーティリティーサービスでも、お見守りサービスを実施しております。
「見守り義務の範囲」「連絡を取る期間」「連絡を取る方法」を取り決めて定期訪問することで、社会からの孤立やゴミ屋敷化の再発を防ぎ、高齢者の暮らしのサポートを目指しています。
ゴミ屋敷片付けや生前整理、終活を伴う片付けに携わらせていただいたお客様へ提供しているサービスとなりますので、お気軽にご質問ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 ユーティリティーサービス. All rights Reserved.